資産運用は初心者でも始めやすいことから人気の投資

少額からでも始めてみる

男女

コツコツと積立

貯めたお金は、すべて銀行預金にする人もまだまだ多いようです。せっかく貯めたお金だから、元本保証が欲しいと考えるのも、無理はありません。しかしバブルのころならいざ知らず、今は銀行に預けても利息は限りなくゼロに近いのが現実です。せっかく貯めたお金だからこそ、お金に働いてもらう必要があるのではないでしょうか。証券会社で投資信託の購入をおすすめします。証券会社での投資信託は、いままで銀行預金しかしたことのない人でも、簡単に始めることができます。コツコツと積立預金をするのと同じ感覚で出来ます。積立預金はお金を積み立てますが、投資信託積立はファンドを買って積み立てます。1円2円と増やすのではなく、1口2口と増やします。ファンドが値上がりすればたくさん購入できませんが、値下がりすればたくさん購入できます。

インデックスとアクティブ

投資信託は、投資のプロであるファンドマネージャーと呼ばれる人が、株や債券や不動産に投資します。個人で個々の株を買うのと違い、分散投資ですのでリスクも軽減されます。ファンドマネージャーという投資のプロが、運営管理しますので、それに対しての手数料が必要になります。証券会社のホームページには、購入可能な投資信託の一覧があります。手数料なども掲載されていますので確認してください。証券会社によって、取り扱い商品がちがいます。利回りは、インデックスファンドであれば指標に連動しているため、あまり高くはありませんが、手数料も低めです。アクティブファンドは、商品ごとにカラーがあり投資先も様々です。利回りが高く想定してあるものが多いのですが、手数料も高めのものが多いようです。どちらがおすすめかは、一概には言えません。どれぐらいリスクを取れるのかによっても、おすすめ商品は変わってきます。最初に購入するなら、インデックスファンドを積立するのが良いかもしれません。期間は長期がおすすめです。